トップページ > イベントトピックス >【技術セミナー】管路系セミナー「管路系流体シミュレーションによるプラントリスク評価」 2019年7月26日(金)開催

【技術セミナー】管路系セミナー「管路系流体シミュレーションによるプラントリスク評価」 2019年7月26日(金)開催

*本セミナーは終了いたしました。

> 最新のセミナー案内一覧へ

これまで、製造分野、エネルギー分野におけるプラントリスク評価(安全評価)では定常解析が主流でしたが、プラント施設の効率化、省力化、省エネ化、設備増強などに伴って制御系を含めたプラントそのものが複雑化し定常解析によるリスク評価に限界が見え始めています。

数値計算法の発展、GUIによる操作性の向上、PCの計算性能の向上などにより、 複雑に絡み合う制御やさまざまに影響し合う機器運転を伴う過渡変化、 さらには機器の機能喪失や運転異常時の過渡解析が従来よりも簡単に行えるようになり、 過渡解析を用いた高精度なリスク評価の需要が増えつつあります。

本セミナーでは、東電設計株式会社 海外ビジネスユニット 火力本部 LNGエンジニアリング部 LNG第一グループマネージャー 高橋 聡様を講師に迎え、LNG受入基地における管路系流体シミュレーション活用についてご講演いただきます。アドバンスソフト株式会社からは自社開発を進める2つの管路系流体解析ソフトウェアについてご紹介します。

まず、ガス系に実績のあるソフトウェア Advance/FrontNet/Γ の V&V(検証と妥当性確認)および計算事例を紹介します。計算事例の1つ目は、LNG地下タンクで異常圧力を想定した場合のBOG管路系のガス解析をご紹介します。2つ目の計算事例の対象は、熱量調整系における異常熱量の制御系―流体連成解析についてご紹介します。気化器起動時やシェールガス、バイオマスガスなどを想定した、熱量変動に対する制御系応答を調べます。3つ目の計算事例の対象は、ガスタービンコンバインドプラントの排熱回収ボイラにおける過熱蒸気の温度制御系―流体連成解析について紹介します。

次に、液体の急激な過渡解析に実績のあるソフトウェア Advance/FrontNet/Ω の V&V(検証と妥当性確認)および計算事例を紹介します。計算事例としては、プラント冷却系のポンプトリップ時の圧力解析の事例をご紹介します。逆止弁のない大口径に接続したポンプは逆流・逆回転領域まで考慮する必要があるため、ポンプ完全特性まで考慮します。

最後に、両ソフトウェアの機能、実績、GUIの使い勝手や新機能のご紹介を行います。

プラントの設計、安全対策をご担当されている方をはじめ、ポンプ、弁、制御等機器メーカーの方、管路系流体に対してご興味、ご関心を持たれている方等、幅広いご参加をお待ちしております。


開催案内

日 時2019年7月26日(金) 13:30~16:30 (開場: 13:15)
会 場ワイム会議室お茶ノ水 4階 会議室 → 会場案内 はこちら
定員50名
(先着順、定員にて締め切りとさせていただきます。お早めにお申し込みください。)
参加費無料

→ ダウンロード版 はこちら (PDF: 432 kB)

【技術セミナー】管路系セミナー「管路系流体シミュレーションによるプラントリスク評価」 2019年7月26日(金)開催

プログラム

時間 内容
13:30~13:40 主催者あいさつ アドバンスソフト株式会社のご紹介
                   取締役 浜野 明千宏
13:40~14:25 招待講演
「LNG受入基地における管路系流体シミュレーション活用」

           東電設計株式会社 海外ビジネスユニット
           火力本部 LNGエンジニアリング部
           LNG第一グループマネージャー 高橋 聡 様
14:25~15:05 ガス管路系解析ソフトウェア V&V および事例紹介
  ・LNG基地におけるBOG流動解析
  ・熱調系制御弁応答解析
  ・水―過熱蒸気系温度制御弁応答解析
                   主任研究員 秋村 友香
15:05~15:15 休憩
15:15~15:40 液体管路系解析ソフトウェア V&V および事例紹介
  ・プラント冷却系逆止弁のないポンプのトリップ解析
   (完全特性を考慮)
                   主任研究員 大須賀 直子
15:40~16:20 管路系流体解析ソフトウェアの機能紹介
                   研究員 神長 龍一
16:20~16:30 価格および関連サービスのご紹介、質疑応答
                   営業部 吉留 隆也

※プログラムは変更となる可能性がございます。


招待講演概要

「LNG受入基地における管路系流体シミュレーション活用」
 東電設計株式会社 海外ビジネスユニット 火力本部 LNGエンジニアリング部 LNG第一グループマネージャー 高橋 聡 様

液化天然ガスを受入れ貯蔵し、需要に応じて払出、昇圧した後、熱交換によりガス化するシンプルなプロセスで構成されているLNG受入基地は、都市ガスや電力供給の要となるインフラ設備であり、また、大量の可燃性ガスを取り扱うことから、安全なプラントを実現しなければなりません。
そのため、LNG受入基地の建設、設備増強、及び運用時において、ガスの安定供給や、異常時の安全停止が可能であることを確認するために管路系流体シミュレーションが多用されています。
本講演では、当社がLNG受入基地において管路系流体シミュレーションをどのような目的で活用してきたかを紹介します。



会場案内

所在地 東京都 千代田区 神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F
ワイム貸会議室 お茶の水 会議室
TEL: 0120-311-104
交通案内 JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口 徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅 2番出口 徒歩3分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B1番出口 徒歩4分

参加申込方法

 *参加申込みの受付は終了いたしました。

以下内容を記入の上、下記の参加申込み先までE-mailにてお申し込みください。
------------------------------------------------------------
セミナー参加申込み:
管路系セミナー「管路系流体シミュレーションによるプラントリスク評価」
2019年07月26日(金)開催

貴社(校)名: 
ご所属: 
役職: 
ふりがな: 
ご氏名: 
〒: 
住所: 
TEL: 
FAX: 
E-mail: 
通信欄: 
------------------------------------------------------------

参加申込み先・お問合せ先

アドバンスソフト株式会社 営業部 吉留 隆也
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台四丁目3番地 新お茶の水ビルディング17階西
TEL: 03-6826-3971 FAX: 03-5283-6580
E-mail: office@advancesoft.jp
URL: http://www.advancesoft.jp/

> 最新のセミナー案内一覧へ