トップページ > 製品サービス案内 > 建物内の火災安全・防災のためのシミュレータ Advance/EVE SAYFA > 解析事例3: 換気系を持つ施設での急激火災3次元詳細解析

解析事例3: 換気系を持つ施設での急激火災3次元詳細解析

換気系を持つ施設での火災詳細解析を目的として、3次元火災・熱流動解析コードFDS(Version 4)をAdvance/EVE SAYFAに取り込んで、3次元モデル、二層ゾーンモデル、及び換気系ダクトモデルの連成解析機能を開発しました。この機能では、3次元で詳細に計算したい領域はFDSを、換気系ダクトの1次元熱流動解析はAdvance/EVE SAYFAに組み込んだ 1次元管路系解析プログラム Advance/FrontNet/Γ を利用しています。さらに、二層ゾーンモデルが適用可能な領域の熱流動解析と全体制御は、Advance/EVE SAYFAを用いて行う仕組みです。

この解析により、着目部分の火源室では、二層ゾーンモデルでは得られない、発熱速度、ガス温度、すす濃度、二酸化炭素濃度の空間分布を得ることができました。換気系との連成計算により得られた解析結果は、給排気ダクトを介したガス流出入の影響が考慮された妥当なものでした。

図1 火災試験解析モデル(Advance/EVE SAYFA&FDS)

図1 火災試験解析モデル(Advance/EVE SAYFA&FDS)

図2 火災室給排気流量変化

図2 火災室給排気流量変化

図3 火災室ガス温度変化

図3 火災室ガス温度変化

図4 火災室酸素濃度変化

図4 火災室酸素濃度変化

図5 火災室二酸化炭素濃度変化

図5 火災室二酸化炭素濃度変化

図6 火災室ガス温度分布変化

図6 火災室ガス温度分布変化

図7 火災室すす濃度分布変化

図7 火災室すす濃度分布変化


詳細はこちらもご覧ください

技術情報誌「アドバンスシミュレーションVol.6」 特集「建物内の火災安全・防災のためのシミュレータ Advance/EVE SAYFA
「換気系を持つ施設での急激火災3次元詳細解析-EVE SAYFAとFDSによる火災連成解析-」


PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ