トップページ > 製品サービス案内 > 音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise > 閉空間での点音源の伝播解析(内部問題)音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise

閉空間での点音源の伝播解析(内部問題)音響解析ソフトウェア Advance/FrontNoise

解析モデル

1辺1mの立方体の内部に音源を設定するモデルで、メッシュサイズを自由に設定できるモデルとしました。音源には、立方体の中央位置に単極子音源、双極子音源、四重極音源を設定しました。また、立方体の周囲は完全反射の壁としました。

解析モデルの規模としては、次のような大きさの規模のデータを用いました。

表1 検証例題の規模

No. 要素数 節点数 自由度
6,000,000 1,030,301 2,060,602
12,002,256 2,048,383 4,096,766
23,665,872 4,019,679 8,039,358
48,000,000 8,120,601 16,241,202
58,802,064 9,938,375 19,876,750
71,114,112 12,008,989 24,017,978
82,944,000 13,997,521 27,995,042

図1 単極子の結果(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

図1 単極子の結果
(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)


図2 双極子の結果(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

図2 双極子の結果
(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)


図3 四重極の結果(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)

図3 四重極の結果
(左;立方体表面の速度ポテンシャル分布、右;中央断面の音圧レベル)


PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ