トップページ > 製品サービス案内 > 流体解析ソフトウェア Advance/FrontFlow/red > 流体解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/red の機能一覧・動作環境

流体解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/red の機能一覧・動作環境

機能一覧

物理モデル 基本機能:定常/非定常/非圧縮性/圧縮性/低Mach数近似/強制対流/自然対流/固体-流体間の熱伝導(固体内部の複数材質を含む)/非ニュートン流体/熱拡散(soret 効果)
乱流モデル:LES(標準 Smagorinsky モデル、Dynamic Smagorinsky モデル)/DES(RANS は SST モデルあるいは Spalart-Allmaras モデル)/DNS/低レイノルズ数型k-εモデル/高レイノルズ数型k-εモデル/RNG k-εモデル/CHEN k-εモデル/SST モデル/渦粘性一定/低レイノルズ数効果を考慮した2層ゾーンモデル(Enhanced Wall Treatment)/標準壁関数
輻射:有限体積法/モンテカルロ法/ゾーン法
ガス燃焼・化学反応モデル:素反応(逆反応、三体反応、圧力依存、ユーザー定義)/渦消散/総括反応(スス生成含む)/flamelet モデル
表面反応モデル:素反応/Sticking 吸着モデル/LHER 表面総括反応モデル/Bohm プラズマモデル/マルチサイト(保存・非保存則アルゴリズム)/マルチ反応メカニズム /マルチバルク成長
物性値:一定値/Sutherland モデル/簡略化モデル/Kinetic theory/実在ガスモデル
粒子追跡機能(Euler-Lagrangian 2way):固体粒子と流体(気体でも液体でも可)の二相流/液滴と気体の二相流/液滴蒸発モデル
騒音(乱流音):Lighthill-Curl モデル/Ffowcs Williams and Hawking モデル
多孔質体モデル:ダルシー則/べき乗則
自由表面:VOF 法(RANS と併用)/表面張力/壁の濡れ性
圧縮性二相流機能:キャビテーション(均質流モデル)/圧縮性自由表面(Ghost Fluid 法)
対応メッシュ 六面体(ヘキサ)/四面体(テトラ)/三角柱(プリズム)/四角錐(ピラミッド)/ポリヘドラルメッシュ/これらメッシュの混合/不連続接合格子/厚みのない壁(メッシュジェネレーター限定)
メッシュ移動 スライディングメッシュ機能(不連続接合格子)/移動格子/メッシュ追加・削除
行列ソルバー ICCG 法/BICGSTAB 法/複数マテリアル AMG 法(前処理)
離散化 有限体積法/節点中心法
アルゴリズム SIMPLE 法/Rhie-Chow 補間法による圧力振動の抑制/Muzaferija の手法による拡散項の精度向上/優対角化による流体・固体熱連成計算の安定性向上
時間積分法 Euler 陽解法/Euler 陰解法/2次精度 Crank-Nicolson 法/2次精度 Adams-Bashforth 法/3次精度 Adams-Moulton 法/4次精度 Runge-Kutta 陽解法
素反応計算
ソルバー
Operator Splitting Method/ODE ソルバー
移流項の離散化
スキーム
1次精度風上差分/2次精度風上差分/2次精度風上差分+リミタ(TVD 法)/2次精度中心差分 / 3次精度風上差分+リミタ(TVD法)/2次精度中心差分および3次精度風上と1次精度風上のブレンド
並列計算 領域分割法による並列計算/並列数を変えたリスタート
前処理 マルチレベルグラフ理論に基づく領域分割
メッシュ生成 Advance/REVOCAP/市販メッシャーとの連携についてはお気軽にご相談ください。
可視化ツール Advance/REVOCAP/Paraview/市販可視化ソフトとの連携についてはお気軽にご相談ください。
ユーザー
サブルーチン
初期値(流体と粒子)/境界条件/質量のソース項/運動量のソース項/エネルギーのソース項/蒸発速度/気相反応/表面反応/移動格子/輸送係数/実在ガスモデルのパラメータ設定/輻射特性/ポスト処理
OS Linux/Windows/等 (Windows 版の並列計算はノード内並列となります)


動作環境

OS(Linux) [1] Red Hat Enterprise Linux 5.x( CentOS 5.x)
[2] Red Hat Enterprise Linux 6.x( CentOS 6.x)
[3] Red Hat Enterprise Linux 7.x( CentOS 7.x)
OS(Windows) [1] Windows 7,8,10
[2] Windows 2016 Server
メモリ 100万~400万節点の解析では16GBのメモリが必要
ハードディスク 計算規模や計算結果の保管の状況によって異なる。
250GB以上を推奨。
インストール時には800MB程度が必要
MPIライブラリ [1] Intel MPI(Ver. 2.0以上)
[2] MPICH1(Ver. 1.2.7p1)
[3] MPICH2(Ver. 1.0以上)
[4] OpemMPI (Ver. 1.4以上)
[5] Microsoft MPI (MS-MPI v10.0)
Fortran90/95 コンパイラ [1] インテル Parallel Studio XE(推奨)
[C/C++/Fortran コンパイラ、 デバッガ 、Math Kernel Library、 MPIライブラリ、パフォーマンス分析ツール等付属、Intel プロセッサには最適です。]
https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/compilers/index.html

[2] Windows 版 Intel Visual Fortran
[3] Linux 版 GNU コンパイラ

スーパーコンピュータ利用時のコンパイラ環境についてはお問い合わせください。

↑Topへ戻る

このカテゴリの記事一覧

PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ