トップページ > 製品サービス案内 > 管路系流体解析ソフトウェア Advance/FrontNet > 気液二相流管路系流体解析ソフトウェア Advance/FrontNet/TP

気液二相流管路系流体解析ソフトウェア Advance/FrontNet/TP

使用目的

気体と液体が共存する流れ、気液二相流は、冷熱機器や化学・原子力プラント等をはじめとして、さまざまな産業で利用されており、その熱流動特性を把握することは、重要な課題となっています。例えば、年間を通してコンビニエンスストアなどで使用される冷熱機器は、非常に多くの電力を消費します。このような業務用の冷熱機器の省エネルギー化は収益改善のみならず、オゾン層破壊や地球温暖化などに代表される地球環境問題への対策の一つとなります。このような背景から、気液二相流を利用したシステムを最適に設計することが求められています。

本ソフトウェアでは、冷熱機器システムやプラントの設計における精度向上およびコストダウンのために、システム全体の動特性を把握できます。また、新しいシステムの設計支援ツールとして、機器の設計や制御仕様の検討、および、現場施工の事前検討に資することが可能です。

特長

FrontNet/TPは、1次元気液二相流解析ソフトウェアであり、二相流の状態を持つ流体の管路ネットワーク内での時系列の解析が可能です。管路ネットワークは、圧縮器、膨張弁、配管等の流体機器から構成されます。ソフトウェア内では、質量保存、運動量保存、エネルギー保存を解き、状態方程式はp-h線図で与えます。GUIでは、計算するネットワーク網の作成、計算の実行、および、ポスト処理が可能です。ポスト処理では、この流体ネットワークに対して、時系列の圧力、温度、エンタルピーを任意の場所で出力することができます。また、初期状態を作成する機能およびリスタート機能もあります。流体のp-h線図については、ユーザのデータベースとして与えることができます。

適した業務

  • 冷凍機器の性能予測
  • プラント内の1次元二相流挙動解析

例えば、自然冷媒を利用した冷熱機器の設計・施工のノウハウを蓄積するための仕組みとして、機器の設計や制御仕様の検討、および、現場施工の事前検討に資する「冷熱機器設計・施工プラットフォーム」のコアとして利用できます。

カスタマイズ、受託解析・開発

FrontNetシリーズは、単にソフトウェアの提供だけではなく、お客様のニーズに合わせたカスタマイズや、新たな流体機器の作成なども行っております。また、製品開発に伴い蓄積された技術的なノウハウを生かして、お客様の自前のプログラムのカスタマイズ等も行っております。お気軽にお問い合わせください。


PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ