トップページ > 製品サービス案内 > 構造解析ソフトウェア Advance/FrontSTR > 構造解析ソフトウェア Advance/FrontSTR 研究開発 【接触解析のための複合要素の開発】

構造解析ソフトウェア Advance/FrontSTR 研究開発 【接触解析のための複合要素の開発】

研究開発 ┃【接触解析のための複合要素の開発】┃
【地震解析:地震による地盤の変動を解析するプログラム】
【大規模固有値解析】


接触解析のための複合要素の開発

有限要素解析では、セレンディピティ6面体2次要素および完全多項式形状関数を利用した4面体2次要素は面圧を受ける時、要素中間節点とコーナー節点の等価節点力は大きな差を生じます。

このような要素は接触解析に応用する際、収束性が悪く、実用に向かない場合があります。その対策として、6面体2次要素については6面体Lagrange要素を利用することで、この問題を回避できますが、4面体2次要素についてはこの方法が適用できません。

接触解析に応用できる4面体2次要素を開発するため、複数の1次4面体から構築した新しい4面体2次要素を開発しました。この新しい要素は均一な面圧を受ける時の接触力は均一であり、また1次4面体要素の体積ロッキング現象も低減されます。なお、この要素は幾何非線形・材料非線形も対応済みです。


PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ