トップページ > 製品サービス案内 > 光波解析ソフトウェア ParallelWave > Advance/ParallelWave 光波解析への応用

Advance/ParallelWave 光波解析への応用

解析事例1 ┃ 回折格子とプラズモン増強

計算対象 金属を含む回折格子

計算対象
  1. AlとSiO2からなる回折格子です。
  2. 周期構造なので、周期単位の部分だけモデル化します。
  3. 奥行き方向は、無限に連続する疑似2次元モデルとします。

計算モデル

計算モデル

  1. 波長400nmの光(y方向の直線偏光)を上部から照射します。
  2. Alにはドルーデモデルを用いて負の誘電率を設定します。

計算結果

計算結果

  1. 計算結果として、光の電界強度分布を表示しています。
  2. 回折格子下端のAlエッジ部分で、表面プラズモンによる電界増強が確認できます。