トップページ > 製品サービス案内 > 第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASE > 第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASEの動作環境

第一原理計算ソフトウェア Advance/PHASEの動作環境

バージョン情報

Advance/PHASEの最新バージョンは 3.3 です。


正式サポート環境

Advance/PHASEの正式サポート環境は、Microsoft Windows、Red Hat Enterprise Linux ならびに 地球シミュレータ です。これら以外の環境での動作実績も多数ございます。正式サポート環境以外をご希望の場合には、問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。


Microsoft Windows版

  • Windows Vista (32 bit 環境対応)
  • Windows 7 (32 bit, 64 bit 環境対応)

※ Advance/PHASE Ver. 3.2から 64bit環境をサポートいたしました。

一台のパソコンでのみ、ご利用いただけます。マルチコアCPUを搭載したパソコンをお使いの場合、 SMP並列計算が可能です。 ただし、複数台のパソコンを利用した並列計算には対応しておりません。

Windows版Advance/PHASEはSMP並列計算に対応しています

推奨環境

  • CPU: Intel® Xeon™ 3.0GHz 以上
  • メモリー: システム全体で6GB 以上
  • ハードディスク: 30 GB以上


Linux版

  • RedHat Enterprise Linux 5 以上
     ※Intel 64およびAMD64のみを正式サポート対象とさせていただきます。

PCクラスター(複数の計算ノードから構成される計算機群)を利用した並列計算を行うことができます。ライセンスサーバ・MPIデーモンなどを起動する必要がありますが、これらが利用するリソースはきわめて小さいので計算負荷には影響しません。
付属GUIプログラムはLinux, Windowsのいずれでもご利用いただけます。

Linux版Advance/PHASEはPCクラスターでの並列計算に対応しています

PCクラスターの場合

  • ノード間接続:ギガビットイーサネット
  • ファイル共有:作業用ディレクトリは全てのノード間でNFS共有することが必要です。Advance/PHASEをインストールするディレクトリも共有することをお勧めしています。
  • GUIをWindows上で動作させる場合にはssh ver.2が必要です。

推奨環境

  • CPU: Intel® Xeon™ 3.0GHz 以上
  • メモリー: 1CPU 当たり 8GB 以上
  • ハードディスク: 30 GB以上


地球シミュレータ版

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.jamstec.go.jp/es/jp/senyu/index.html

その他

  • パッケージには、Advance/PHASE本体、擬ポテンシャルファイル、GUIプログラム、各種スクリプトと外部ソフトウェアが含まれています。
  • 付属のインストーラーより、インストール作業は簡単に行えます。


PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ