トップページ > 製品サービス案内 > 汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAP > 汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAPのプリ処理機能

汎用プリポストプロセッサ Advance/REVOCAPのプリ処理機能

主な特徴

  • モデルの表示機能(四面体、六面体、三角柱、四角錐、三角形、四角形)
  • モデルの境界面のマウスピックによる選択、移動機能
  • ツリービューによる、領域、境界面、およびソルバー設定条件等の一覧表示
  • PCクラスタへのデータ転送、解析プロセス起動機能
  • メッシュの品質チェック機能(ある閾値以上のアスペクト比の要素の表示)
  • 境界条件の設定内容を可視化して、画面上で確認可能

流体解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/red対応版の特徴

  • 日本語での解析条件・境界条件設定画面
  • カスタマイズされたソルバーにも柔軟に対応(*1)
  • Advance/FrontFlow/red のカーネルと連携した設定ガイド機能
  • 解析条件の入力値チェック機能
  • 境界条件の設定項目をツリー表示で階層的に分類
  • マニュアルの変数名とGUIの画面が1対1に対応

境界面の選択画面

境界面の選択画面


Advance/FrontFlow/redの解析条件設定画面

Advance/FrontFlow/redの解析条件設定画面


構造解析ソフトウェアAdvance/FrontSTR対応版の特徴

  • Advance/FrontSTR の静解析・固有値解析・熱解析・動解析のプリ処理が可能
  • ステップ解析の設定機能
  • HEC-MW形式のメッシュ制御ファイル出力機能
  • 標準的な材料属性データベース付き
Advance/FrontSTRの解析条件設定画面

Advance/FrontSTRの解析条件設定画面

(*1)別途費用にて対応いたします。

PDF資料ダウンロードページへ お問い合わせページへ